2017-11

パワースポット熊野 - 2013.05.13 Mon

2日めは、寒いっ! と暖房のスイッチを入れる所から始まりました。
これでも高野山は夏・・・らしい

おつとめは6時半から始まります、身が引き締まる時間です。
本堂は撮影禁止なので画像はありません。
正座じゃなくても良いとの事だったので、リラックスして臨めました。
おつとめは強制ではなく、自由参加でしたが大勢の宿泊者が参加されていました。


おつとめの後、7時から朝食です。
他の画像を写し忘れた訳ではないですよ。これぞ精進料理。(笑)
20130514 035
お味噌汁がヤカンで配られました。(笑) まだ入っていません。

そして、8時には出発です。← さすがツアーです

龍神スカイラインを通り、熊野本宮大社から熊野速玉大社、那智の滝、青岸渡寺、熊野那智大社、熊野古道、
そして本日の宿泊地、南紀串本温泉に向かいます。

20130514 041
バスはひたすら走り熊野本宮大社に到着です。

熊野は「黄泉還り(よみがえり)の地」と言われ、神々が隠る深山の霊場の地。
熊野に入ると、心を甦るさせることができ、新たな気持ちとなります。
昔から熊野は、「人生の出発(たびたち)の地」と言われる所以です。

20130514 044
ひたすら頑張って登った階段ですが、国の重要文化財になっている社殿は撮影禁止でした。← 残念だけど仕方がないですね

20130514 048
    撮影禁止の看板が・・・

20130514 047

熊野の大神(素盞鳴尊)にお仕えしている八咫烏(やたがらす)。
日本を統一した神武天皇を大和の橿原まで先導したという故事に習い、導きの神として篤い信仰があります

八咫烏の「八咫」とは大きく広いという意味です。八咫烏は太陽の化身で三本の足があります。
この三本の足はそれぞれ天・地・人を顕わすと言われています。
天とは天神地祇のことですなわち神様のことです。地とは大地のことで我々の住む自然環境を指します。
つまり太陽の下に神様と自然と人が血を分けた兄弟であると云うことを二千年前に示されていたのです。
サッカー協会のマークに八咫烏が使われているのは、天武天王の故事に習い、 よくボールをゴールに導くようにとの願いが込められているそうです。

20130514 061
バスは、次の目的地 熊野速玉大社 に到着です。← ツアーは楽ですね

20130514 065
世界遺産ですねぇ。

20130514 064
熊野速玉大社はお参りする順番があると添乗員さんに聞いたのに、あっちだ、こっちだとウロウロ。
ちゃんと説明は聞かなきゃね。

速玉大社を後にしたツアー御一行様は、熊野古道へ向かいます。わくわく♪

20130514 068

熊野古道、今回は大門坂から登ります。

20130514 072

20分くらい、歩きにくい道をコケナイ様にひたすら下を向いて登ります。← コケヤスイからねぇ
まぁ、私達には20分くらいがいいとこなんでしょね。
ちょっぴり、古道を味わえました。

20130514 074

ふうふう言いながら登ったあとは・・・バスが待っていてくれます。← ツアーはいいですね。

さてお次は、那智の滝です。(三筋の滝とも云われています。)
20130514 077

ただ今、台風の被害で滝壺が埋まってしまいクレーン車が入り工事中。
熊野那智大社の別宮、飛瀧神社のご神体として古くから人々の畏敬を集めてきた那智の滝は、「一の滝」とも呼ばれ日本三大名滝の一つです。
三大名滝って、分かりますか?
那智の滝、華厳の滝、袋田の滝だそうですよ。

実は・・・那智の滝に行くには、こ~んな階段を下りていきます。

20130514 080

下りると云うことは、帰りは上るのです。
これはまだ序の口、予行演習です。
これから上りだけで、467段という場所に向かいます。← ふぅ~往復934段
20130514 083


熊野那智大社
 
20130514 087

熊野那智大社は、那智山青岸渡寺とともに熊野信仰の中心地として栄華を極め、
古来より多くの人々の信仰を集め、今なお多くの参詣者が訪れ、熊野速玉大社・熊野本宮大社とともに
熊野三山の一つです。


20130514 088

頑張って上ったよ~。
ほら~、こんなに高いんですよぉ。

20130514 095

那智の滝も、こちらからの方が綺麗に見えるかな。← クレーンが無いからね

次はすぐお隣にある青岸渡寺です。
20130514 092

そして、ここでは4人並んでご祈願しました。← 右端が女将さんね、ちなみに子授け祈願ではありませんよ
20130514 091

お胎内巡りは画像がないのでパスさせていただきます。← 誰かが書いてくれるでしょう

934段を制覇したあとは・・・

20130514 096
備長炭入りのソフトクリーム♪ 旨っ!

さぁ、今日のスケジュールは制覇しました。
あとは、宿泊地・串本に向かってバスは走ります。


私達はツアーのランクアップをして、串本ロイヤルホテルに泊まります。← ランクアップしたのは私達4名だけでした

20130514 099

お部屋の窓からは海が一望できます。明日の日の出が楽しみです♪

お部屋はね・・・
20130514 098
こ~んな感じ。
ベッドが2台、ソファーベッドが2台。
結構広さはありましたが、やっぱり畳がいいね♪

昨日は、さすがに宿坊だったし露天風呂も無かった (当たり前)ので、ここで恒例の・・・(笑)
しっかり撮りました。

そうそう、誰がどのベッドに寝るか、どうやって決めるか興味がありませんか?← 無いって?(笑)
それはね・・・じゃんけんで勝った方から好きな場所を選んでいきます。
昨日は、michiさん、私、ココアさん、女将さん
今日は、女将さん、michiさん、ココアさん、私でした。
でも、勝った二人がソファーベッドを選択、ペケな私はベッドでゆっくり寝ました。(笑)



あぁぁぁ・・・書くの疲れた・・・ちょっと休憩
その日、一日のことを書いていて、あまり分けて書けない私。
すっかり長くなってしまった・・・
まっ、この日にこんな事があったね、と老後の楽しみに書いておきましょう~♪
頑張れっ! わたし。




さて、お風呂、お風呂、露天風呂~♪
団体さんが到着する前にお風呂に入ってしまいましょう。
大きなホテルなので、団体客が多いです。← でも静かなのよ♪

お風呂の後は・・・お夕食でしょう~♪ それは今でしょう~♪

20130514 106
こ~んな披露宴に出席している様な場所でお食事です。

まずは・・・

20130514 104

乾~杯っ! ← 二人でね。

20130514 109 20130514 107

お料理は、いわゆる旅館料理と云うやつかな。
後から出てくるのかと思ったら、着席と同時に二つの鍋に着火っ!(笑)
せめて、一つづつに着火して欲しかったなぁ。

お部屋に戻り、相変わらずのお喋り。← 話題が尽きないねぇ

かなりの割愛。(笑)

明日の朝は、10時半のお迎えだから、の~んびりできるね。
という事で、起床は7時を予定して、おやすみなさ~い♪



ふぅ~ やっと一日が終了したぁ・・・





スポンサーサイト

● COMMENT ●

あらら~もう二日目が終了しちゃったの。
早いわん。
私は、まだまだ一日目が終わらないのに(笑)
何度思い出しても、楽しかった。
4人の密度も濃かったしね。
温泉がよかったのか、神の御守護があったからなのか
あんなに歩いたのに、足が痛まなかったのが何よりでした。

ココアさ~ん

一日分を纏めてあるのでスクロールするのも疲れたでしょう。(笑)
あの階段を上り下りして足が痛まないのは、やはりパワースポットだからかしら。
なによりでした。
7人集合出来なかったのは寂しかったけど、まあーちゃんご夫妻も加わり
楽しい旅になりましたね。
写真も撮れたしね。(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cou3toryu3.blog134.fc2.com/tb.php/476-8a48a876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ロイヤルのお嬢さん «  | BLOG TOP |  » 熊野三山めぐり旅

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

こう

Author:こう
りゅうさんと一緒♪へようこそ!
キャバリア Ryuと、管理人こうのドタバタな毎日です。
どうぞお付き合い下さい。
りゅう♪ キャバリア ♂ 2003/1/8産まれ。2012/5/16 お空に上っていきました。9歳4ヶ月8日。
龍父♪ 人間 ♂ おやじ
こう♪  人間 ♀ おばさん

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (40)
Shopping (30)
cinema・books (23)
TDR (47)
off meeting (49)
お出掛け (60)
アボカド倶楽部 (2)
食・飲 (30)
りゅうさん (27)
備忘録 (10)
cou (62)
Thank you (17)
万歩倶楽部 (2)
災害 (4)
龍父 (2)
ベランダ園芸 (18)
お泊り旅 (43)
WAN宿 (4)
日々のこと (60)
衝動買い (2)
お宿 (0)
KOREA (35)

忘れるなっ!

頑張ってるよ♪

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR